仕事で役立つメモを掲載していきます。


by kinokomaro
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

CSS Nite LP, Disk 8

CSS Nite LP, Disk 8

テーマ『Google Analyticsを使ったWebアクセスログ解析とサイトへの反映』に参加してきました。

以下各セッションでメモしたメモです。

このセミナーの中心のアクセス解析はGoogle Analyticsです。

【S1 Google Analytics ベーシック】
・今までページの下にしか貼れなかったコードが上にも貼れるようになりました。
 →でも今まで貼ってあるのを変更するにはもう一度コードを取得して貼り直しの必要があるみたいです。
  (以降方法も研究中とか?)

・日本の携帯向けのアクセス解析もリリースするみたい。
 でもあくまでも携帯用。
→だから、ブログ見たく同じものをPC+携帯とかで観ている場合は結局PC用をしようして
 なんとなくでさぐる現状はかわらないみたい。
 あくまでも携帯に特化したものなので

・同じIDで複数サイトみるとゴチャゴチャする現象は改善されないみたいです。


【S2 仮説検証型、かつ4つの対顧客戦略でデータを見る~Google Analyticsを使った分析のあるべき流れ】

・ポイント『トレンド』『ベンチマーク』『セグメント』
 
 ポイントを見極めて目標を立てる!

・4つの対顧客戦力
 『流入』『回遊』『CV』『RP』

 観覧者の行動を大きく掴み、離脱ポイントを見極める!



【S3 ユーザー行動をセグメント化して、サイト改善
〜ユーザーの行動と気持ちに寄り添うセグメンテーション分析】

・訪問者と向き合う
 →Google Analyticsの機能の「ベンチマーク」も大切だけど、そのサイト毎の『ベンチマーク』も必要
  ※「ベンチマーク」比較するポイントって考えてよいのかしら?

・ゴール手前のセグメントで考える。
 →離脱率でかんがえるのではなく到達率で考える
 →未到達ポイントを改善し、ゴールへ辿りつかせるようにする。



【S4 Web制作会社のための、
顧客が逃げないGoogle Analyticsレポーティング
~成果アップのための解析「報告」の実践】

・アクセス解析日記をつける
 →どんな作業をしたかとそれによってアクセスがどう変わったか?また、どんな広告、どんなキャンペーンをしてアクセスがあがったかを記していく。
 →見えてきたポイントをちょっとづつ、修正していく。
  →そだてたものを一気に壊すようなリニューアルではなくPDCAサイクルでリニューアルして行く




【S5 経営者視点のサイトリニューアル提案
~Google Analyticsを使った経営成果の算出法】

・観覧者をモデル化する
 (直帰率とかで)
 →モデル化してグループ化する
 →グループ化したキーワードでコンテンツを考える

・市場の価格から試算する



【全体の感想】
難しかったけど思ったよりわかりやすかった。
もっとアクセス解析をわかって仕事に役に立てるようにすると
うちの売りにもなるなーとかを考えたりした。
[PR]
by kinokomaro | 2010-01-09 22:48 | Webイベント